斗 南 藩 跡 地
所在地 青森県むつ市
  斗南藩が市街地を設置し、領内の開拓の拠点となることを夢見たこの地は藩名をとって「斗南ヶ丘」と名づけられました。
  明治三年一戸建約三十棟、二戸建約八十棟を建築し、東西にはそれぞれ大門を建築して門内の乗打ちを禁止し、十八ヶ所の堀井戸をつくりました。そして市街地は、一番町から六番町までの大通りによって屋敷割りされ、一屋敷を百坪単位として土塀をめぐらせて区画したといいます
  しかし過酷な風雪により倒壊したり野火あうなどした家屋が続出し、さらに藩士の転出はこの地にかけた斗南藩の愛をはかなく消し去り藩士たちの努力も水泡に帰してしまいました。
  現在はわずかに残った土塀跡に当時をしのぶことができます。(案内板より)


戻る