西條神社
社 名 西 條 神 社
鎮座地 愛媛県西条市大町1159番地
祭 神 徳川頼宣公・伊予西条松平歴代藩主・松平頼雄公
御   由   緒 ・ 沿   革
  当社は古くより市内西田二並山に祀られていた東照宮を合祀して、明治五年現在地に創建されました。
  明治六年村社、同十六年西條東照宮の名を西條神社に改称、同十七年郷社となり、同二十七年県社に列格されました。社殿境内は城廓に模しています。紋入り銅瓦の欅門は精緻な建造物として有名です。
  文の神、武の神、勝運の神として崇敬を篤くしています。
(由緒書より)



戻る