霊丘神社
社 名 霊 丘 神 社
鎮座地 長崎県島原市弁天町
祭 神 松平忠定公
御   由   緒 ・ 沿   革
  長崎県島原市弁天町に鎮座する当社は、現在霊丘神社と称するが、島原城主の高力氏が勧請したのに始まると伝えられる。
  高力氏は徳川譜代の家臣で、清長は家康公に従い、天正十八年(1590)武蔵岩槻城主となり二万石を領した。清長の孫忠房は、寛永十五年(1638)に松倉氏改易の後を受けて島原城主となり四万石を領し、島原乱で荒廃した社寺を復興し、他領から百姓を招き入れて農村の再建にも努力している。東照宮の勧請も民心の安定を願ってのこと、と言われている。明暦元年、隆長がその後を継だが、圧政と矯奢を咎められ、寛文八年(1668)に領地を没収された。その後を受けて松平忠房が入部し、以後歴代藩主が崇敬を捧げた。
  この一族は松平宗家三代の信光の孫忠定を始祖とする深溝松平氏で、藩祖忠利が慶長六年に三河深溝に新知一万石を与えられ、同十七年に三河吉田に移った。寛永九年に二代忠房が家督を継ぎ、丹波福知山を経て寛文九年に島原六万五千九百石を賜った。その後、寛延三年には下野宇都宮に転じたが、安永三年再び島原に戻り、明治に及んでいる。
  現在の社地は霊丘公園のなかにある。古くは権現山と称し、海岸伝いにしか行けなかったが寛政四年(1792)の眉山の崩壊によって埋め立てられ、現在の地形となった。明治十六年、社殿を新築して始祖忠定以下六柱を合祀し、社名を霊丘神社と改称した。
(家康公と全国の東照宮 高藤晴俊 著より)



戻る