奥平神社
社 名 奥 平 神 社
鎮座地 大分県中津市
祭 神 奥平貞能公・奥平信昌公・奥平家昌公
御   由   緒 ・ 沿   革
  奥平神社は中津城本丸・上壇に在り御祭神は奥平中興の祖を祀る
  第一代貞能公(智勇)第二代信昌公(仁徳)第三代家昌公(義気)仙丸君霊神。
  祭神の偉大なる人格は戦国の兵乱を鎮め、世の太平を来たす力があった。
  毎年5月21日の祭礼日(たにし祭)には戦国時代天正3年(1575)長篠の戦いで奥平の軍勢500人は武田勝頼軍15,000人に攻められたが長篠城でタニシを食べ籠城、徳川・織田の連合軍をまち武田勢を破り勝った故事より催されている。
二代信昌公の御室は徳川家康長女亀姫三代家昌公は家康の孫、大正5年本神社は大分県社に列す。



戻る