水戸東照宮
社 名 水 戸 東 照 宮
鎮座地 茨城県水戸市宮町2丁目5番13号
祭 神 徳川頼房公
御   由   緒 ・ 沿   革
  元和7年(1621年)4月21日、水戸徳川家初代藩主頼房公によって社殿をはじめ諸建造物が完成し、朝廷から勅使として三条大納言藤原公広公が、幕府からは山門探題天海大僧正が参向して盛大な遷宮の大祭をおこなった元和10年、 徳川第2代将軍秀忠公の霊屋を宮の西方に建て、のちに第3代将軍家光公の霊屋を建て、以後徳川幕府歴代将軍の霊位を相殿として祀った
  宮の地名は霊松山といわれていたが、元禄12年(1699年)第2代藩主光圀公によって、常磐山とあらためた。
  御創建当時は「三所権現」と称し、中央に東照大権現の尊像が泰安され、左座に山王権現、右座に麻多羅神を合祀された。天保14年(1843年)第9代藩主斎昭公は従来の仏祭を廃止、左右の配神二座を除き、神道による祭事にあらためた。
  明治4年郷社に、同8年県社に列せられた。昭和11年7月29日、当宮を創建された徳川頼房公が配祀され、宮民合同による盛大な祭典が執りおこなわれた。
(由緒書より)



戻る