三方原神社
社 名 三 方 原 神 社
鎮座地 静岡県浜松市三方原
祭 神 徳川秀忠公・家光公
御   由   緒 ・ 沿   革
  旧、浜松城内にまつられていた「東照宮」を、大正十一年六月二十五日、ゆかりの地、三方原村へ迎えて、村民の信仰の中心となる村社とした。
  御祭神は、家康ですが、二代将軍、秀忠 三代将軍、家光のお二方も合祀されている。
  昭和二十九年、三方原村が浜松市へ併合により村社は解消となり、昭和三十一年九月七日、この東照宮は三方原神社と改めた。
  昭和四十八年、社殿老朽のため改築が行われた。そして社殿には三ツ葉葵紋付き茶釜と、勝海舟の「東照宮」の扁額などが納められている。祭典は毎年十月中旬に行はれ、神事、余興、投げ餅、屋台引き回しなどが催される。
(案内板より)



戻る