鎮國守國神社
社 名 鎮 國 守 國 神 社
鎮座地 三重県桑名市吉之丸9
祭 神 松平定綱公・松平定信公
由   緒 ・ 沿   革
桑名藩祖松平定綱公を松平定信公が奥州白河城内に天明四年(1784)一〇月二八奉祀したことを創祀する。大明神号は寛政九年(1797)一月二四日宣下。文政六年(1823)定永公桑名に復封に伴い遷祀したのが鎮國神社である。守國神社は桑名藩第九世城主松平定信を松平定永公が天保四年(1833)一一月六日に桑名城内鎮國神社境内に奉祀した始まる。天保五年(1834)四月二五日大明神号宣下。明治四〇年七月一七日境内神社の旭八幡神社(旭八幡大明神)日吉社(山末之大主神)菅原社(天満天神)を合祀した。太平洋戦争後同殿奉祀に付鎮國・守國神社と称し現在に至る。 

戻る