尾陽神社
社 名 尾 陽 神 社
鎮座地 愛知県名古屋市
祭 神 徳川義直公・慶勝公
御   由   緒 ・ 沿   革
 尾張藩祖義直と十四代慶勝を祀る社で、大正十一年(1922)六月名古屋開府三百年を記念して創建された。昭和二十四年九月、更に天照大神を主祭神として合祀した。
 この地は嘉吉年間(1441〜44)のころ、佐久間美作守家勝が築城した御器所西城跡であるといわれる。
 四方に堀を構え、土居を巡らし北は断崖に臨む要害であった。現在は一部空掘が残っている。(案内板より)



戻る